ホーニングとは

ホーニングは、回転と往復からなる複合の運動による加工法の一つです。
磁石に専用の研削液を注ぎながら加工を行う事で、表面をツルツルに磨き上げる事が可能です。
しかし、このホーニングは筒状になっている物にしか対応しておらず、筒状以外の物は加工する事が出来ません。
このホーニングに使用する機械は、ホーニング加工機と呼ばれており、自動車の部品や機械製品などの加工に使用されています。

このホーニング加工機で加工したあとは、クロスハッチと呼ばれる網状の筋が出来ます。
クロスハッチはきさげ加工と同じ効果は発揮する為、金属同士が擦れあっても摩耗する事が少ないという特徴がある。
これは、網状の筋に潤滑油が溜まる為であり、ディーゼルエンジンのシリンダーを加工する際に使われている加工法です。
このクロスハッチがあれば金属同士の摩耗を極力防ぐ事が可能ですが、クロスハッチがなければ潤滑油が滑り落ちてしまうため、摩耗が激しくなってしまいます。

ホーニングをすれば研摩と同時に形成時に発生してしまったバリを取る事も可能だったりと、色々な使い方が出来る加工法です。
加工の工程がシンプルで、そして量産部品に適しているので、自動車部品工場では欠かせない存在となっています。

OUT LINK

鋼管の加工を低価格でしてくれるのはここ!;白瀬鋼管

Calendar
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031